2015年05月23日

英語が伸びる子がやっているヒミツ♪

Hello,

6月には英検一次試験がありますね。
頑張っていますか?

でも中学生にとってはなかなか厄介なのが定期テストの時期と微妙にかぶる・・・がく〜(落胆した顔)
ということでしょうか?

ECCの英検直前対策講座は

・レギュラーレッスン生 
  (短期ではない通年コース  ex スタンダードプラン スーパーラーニングプラン受講)

・英検対策コース生
  (通年コース 5級〜3級まで)

が対象になっているので、直前対策レッスンだけを受講はできませんあせあせ(飛び散る汗)

But・・・

現在当教室の高学年クラス(PAクラス生 小学校5、6年進級クラス)の生徒は気が付いてみると全員英検直前対策を受講中でしたわーい(嬉しい顔)


英検はそれぞれのレベルでの英語総合力を求められる試験なので、

たとえば、
現在進行形だけ 
現在完了形だけ

という具合に、項目だけ学習していればOK ではなく

すべての項目を網羅していないと、偶然に正解できたとしても ホンモノの英語力は身についたことにはなりません。

だからこそ、年間通して学習する傍ら直前対策という条件になってくるのだと思います。


いままで英検を受検して合格してきた子供たちを見ていると、

レギュラーレッスンでの学習 ⇔英検合格

の相乗効果で、英検の対策レッスンを受講して合格すると、そのレベル(5級、4級など)までの英語力がしっかり定着しているなぁ

と実感します。

特に中学生は、
中1=5級 中2=4級 中3=3級 レベルに大まかに相当しているので、
5級合格で中1の範囲の内容を大体理解できている 

という具合に頑張って合格した分だけ英語力は確実に伸びています。

1つには英検取得で英語に自信が付くわーい(嬉しい顔)

ということなのですが・・・

英語はコミュニケーションの科目ですので、

実際に音読する⇔理解する 

を何度も繰り返すことが大切です。

つまり問題演習ひらめき

どのような形で問題が出るのか?

そしてどのように答えるのが正解なのか?

こうしたトレーニングを繰り返すことが大切だとANNEは考えています。

直前対策レッスン前半では
・be動詞
・一般動詞
・命令文
疑問視疑問文(what、whenなど5W1Hで聞く疑問文のパターン)

などをざっくりと学習し、

7回目、8回目のレッスンでは模擬試験です。

きちんと時間を計って問題に取り組み、解説を加えながら答え合わせをする形です。


ここでひとつ大きな傾向が・・・


伸びる生徒は必ず1つやっていることがあるんです。




それは・・・


答え合わせの時に 正解をマル付けするだけでなく、
必ず大事な(と本人が認識している)ポイントをメモるんです本

たとえば、英検の各級共通で、大問1
(レベルにより違いありますが、大体5級で大問は3つ、4級以降大問は4つ、5つと増加)
は短文で4択の語彙&文法問題が15題から20題出題されます。

この大問1の取り組みを見ていると、確実に合格しそうな子、次回送りかな? と思う子を90%予測できます(笑)。

合格確実系の子は

文の意味 、正解の単語やイディオムはもちろん、正解ではない選択肢の意味もきちんとメモをするのです。
さらに、ANNEが解説をしていて、
これは大事だよ〜演劇
という部分もしっかりメモしています。

さらに、後から見てもわかりやすくメモできているのですね。


このタイプの子は、ANNEのアドバイスを素直に実践してくれるので、本当に伸びが早いです。ひらめき

こうした傾向はもちろん英語以外にも見られるので、合格確実?と思うお子さんの成績もほかの教科も伸びる傾向にあるようです。


この大切な部分をしっかりメモして、理解する

という学習習慣(?)はどの教科にも共通ですよね? 


実は・・・
テストあとの答え合わせの時にこそ、テストの意味がある

んです。

点数も大事ですが・・・

テストとは、

どこを理解できていて、どこを理解できていないのか?
どうすると正解になるのか?
どうして間違ったのか?

を検証できる絶好のチャンスなのですね。

1回1回の模擬テストで、

どこを理解できていて、どこを理解できていないのか?
どうすると正解になるのか?
どうして間違ったのか?

をきちんと把握できた子は 次回同じ問題を解答したときには確実に前回よりも正解率が上がっています。

学校でのテスト返却&テスト解説・・・

点数だけ見て
「できた♪ 」「あ〜 最悪〜 もう見たくもない・・・」

と思うのではなく(もちろん思ってもいいのですが・・・)
テスト後こそ、わからないところをわかるようにできるチャンスひらめき と、
先生の説明を(この時だけでもいいからわーい(嬉しい顔))しっかり聞くようにしましょうるんるん

ここの取り組み方を変えるだけでも、大きく変わってきます。

Good luckるんるん

And Listen very carefully to your teacher's lectureわーい(嬉しい顔)

posted by ANNE at 14:15| Comment(0) | 英検対策  ビシバシ 英検道場〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

どんなときも♪ あやしいヤツを見逃すな!!

Hello,

朝は雨でしたが、お昼頃から晴れてきましたねわーい(嬉しい顔)
今日は週末、のんびりゆったり・・・

と行きたいところですが・・・

中学生の皆さんには中間テストが待っているexclamation×2

英語強化クラス2年生の情報では、中間テストの範囲は中1の学習範囲+Unit 1

あたりだそうですが・・・

イケそうですか?


中2の中間テストまでだと、

・一般動詞の現在・過去
・be動詞の現在・過去
・いつ・どこで?の情報の並べ方
・現在進行形・過去進行形

あたりが重点マーク課題になりそうですわーい(嬉しい顔)


実は・・・
英語が苦手になってしまう人の多くが、

最初につまずいてリカバーできないまま次から次へと覚えることが増えてしまうがく〜(落胆した顔)
    ↓
消化不良もうやだ〜(悲しい顔)

というプロセスをたどってしまっているのですね。

最初にわからないところを放置すると、あとあとどんどん負担が大きくなってしまうのですね〜たらーっ(汗)

たとえば、be動詞が微妙にわからないまま→現在進行形 and 過去進行形が意味不明→受動態でノックアウトexclamation×2

と悲劇へまっしぐら・・・


中2や中3の受験生で、英語の成績が振るわない人は、

過去でどの項目かでわからなくなり 消化できていないまま現在に至っているわけです。

中でも、be動詞と一般動詞、主語の数との関連性

ここでわからなくなってしまうと、やってもやっても結果に結びつかず という残念なことに。


ショージキ 意味不明・・・という人はもう一度こちらをチェック

高校生がGWにやるべき英語の勉強Part.3 (動詞の過去形と主語のカンケイ)

何度もながめて復習することで時間とともに理解できるようになりますわーい(嬉しい顔)

さて、今回の中間テスト、 ポイントは何といっても現在形と過去形です目

どんな時に現在形になってどんな時に過去形になるか・・・?

よくテストでは
「次の英文を****を加えて 適当な形に変えなさい」
的な問題が出てきますね。

たとえば・・・

I am in the seventh grade. 私は中学1年生です。

last year を加えて


___________________________.


答えは

I was in the seventh grade last year.

となります。


ここで必要なのは、
高校受験生がGWにやるべき英語の勉強table.png

の知識
(主語と動詞のカンケイ)

そして、どんな時に現在でどんな時に過去にするべきかの判断基準ひらめき

です。

そこで・・・

ECCジュニア・BS守山苗代教室のブログを読んでくださっているあなたにANNEから特別プレゼントを黒ハート

ずばり、


どんな時に現在でどんな時に過去にするべきかの判断基準ひらめき

に役立つ 
こんなヤツには要注意パンチ
過去形オーラをにおわせるヤツ リストるんるん

をプレゼントしちゃいますわーい(嬉しい顔)


おまわりさんが職質する怪しい人は、それなりにあやしいオーラを放っていると言います。
あなたもおまわりさんになったつもりで、過去形をにおわせるあやしいオーラをまとったヤツをキャッチしましょう。

こんなヤツには要注意パンチ
過去形オーラをにおわせるヤツ リスト
yesterday
last year(month week)
ago
then
when I (you,he, she,・・・) was (過去形)
when I (you, he, she,・・・) calledなど(過去形)

こんなヤツらを見かけたら・・・110番 

ではなく・・・(笑)

過去形の文章にしてください手(チョキ)

では、なぜこいつらがあやしいのか・・・?
解説します♪
yesterday(昨日)

昨日といっているのに、今のことをフォーカスしたらおかしいですよね?
例) きのう私は買い物に行く (誤)→ きのう私は買い物に行った(正)


last year(month week)


去年、先月、先週 いずれも過去のある時点ですよね?
例)去年私はキャンプに行く(誤)→去年私はキャンプに行った(正)

ago

あれは3年前〜♪ という歌が昔ありましたが、何年前という限りはやはり過去ですね。
例)5年前、私は東京に住んでいる(誤)→5年前私は東京に住んでいた(正)
then

「その時・・・ 時代は動いた」 ではないですが・・・ その時とは過去のある時なのですわーい(嬉しい顔)
例)その時彼女は入浴している (誤)→ その時彼女は入浴していた(正)

※thenには、その時までに のように未来のことを表す場合もありますが・・・話がややこしくなるので割愛しますわーい(嬉しい顔)

when I (you,he, she,・・・) was (過去形)
when I (you, he, she,・・・) calledなど(過去形)

私が子どもだったとき(be動詞が来るパターン)、って確実に過去ですよね?
例)私が子どもだったとき、自転車に乗れない (誤)→私が子どもだったとき自転車に乗れなかった

「私が〜に電話した時、(一般動詞が来るパターン)」 電話した時ってはっきり言ってますからカコです。
例)私が彼に電話した時、彼は不在です(誤)→ 私が彼に電話した時、彼は不在だった(居留守だろうか・・・(笑))

みたいな感じで雰囲気はつかめましたか?

以後こうしたあやしいやつらが出没したら、過去形にするのをお忘れなく

ではGood luck and have a nice weekendるんるん


〜〜〜✩★✩ECC守山苗代教室✩★✩〜〜〜
463−0046

名古屋市守山区苗代1−7−35

080−3653−6854


posted by ANNE at 14:00| Comment(0) | 英語強化 教科書をばっちり把握!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

PAだけで英検4級は??

Hi, thereわーい(嬉しい顔)
How's everything?

GWも終わり、日常が戻ってきました。
でも、今週1週間はまだGW気分も残っていますね。
今日の母の日までがGWな印象です。

さて、こんなご質問があったので、お応えしてみたいと思います。

PAクラスというのは小学生の中では上級クラスという位置づけになっていて、内容も適度に高度です目

ただの英会話ではないのは、

テキストに今問題になったり話題になっている時事トピックも
少なからずテーマとして取り入れているので、知らず知らず時事的なテーマも学べるということでしょうか?

表現も今使われている英語で構成されているので、しっかり学べば力はばっちり付きます(笑)

ただ、ここはどうしても個人差が出てくる部分でもあります。

スポーツやほかの分野の習い事と同じで、同じメニューでトレーニングやレッスンをしていても、自主トレなどプラスアルファがある人と規定時間だけ取り組む人とでは大きな差ができるのと同じで、

ECCのレッスンでも、自分なりに音読してみたり、CDを何度も聴いたりするプラスアルファがある子と、レッスンをなんとなく受けて自主的なアプローチがない子とでは やはり結果に大きく差が出てきます。

ただ、英検を受検しようとする子は意識の高い子が多いので、英検の各級を取得することで1段階ずつ大きく伸びる子が多いといままでの指導経験からは言えると思います。


あと、もう一つ大きなポイントひらめき

それは、“傾向と対策”をしているか ということです。

学校の英語の授業もECCのレッスンも、一つのレッスンでは一つの項目 一つの表現を中心にメニューが構成されています。 (縦断的)

一方 英検などの資格試験では、総合的な英語知識を問われます。(横断的)


普通の会話を考えても、過去形だけで成立する、比較級だけで話が完結する ということは考えにくいですよねわーい(嬉しい顔)


昨日のことも話せば、来週の予定も話すし、
AよりもBのほうがかっこいい、など比較も出現すれば
疑問文も、答えの文も出てくる。


というように、コミュニケーションのキホンである会話文がリスニングでも筆記でも問われます。

また、

日常会話でよく使われる表現も押さえておきたいところ目


ということで、やはり英検の問題集を一通り学ぶ必要はあります


我が教室では、通常のレッスン生(スタンダード&英検準備コース、中学英語強化コースなど年間受講のコース)に限り、直前対策を受講できますので、しっかり直前対策問題集を勉強することで合格に大きく近づくことができます。

英検4級のレベルは中学2年生修了程度と設定されていますが、PA生(小学校5〜6年進級生)は、英語との接触量が多いので、英検問題の傾向に慣れれば可能だと思います。

興味・関心のある方はお気軽にお問い合わせくださいわーい(嬉しい顔)

〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜
ECC守山苗代教室

〒463-0046
名古屋市守山区苗代1−7−35

052−725−8428
080−3653−6854

講師:近藤鑑代