2015年08月23日

中2生 ECCに通っているが成績が伸びない? Part.2

Hi, there

夏休みも終盤戦ですが、宿題の進捗状況(進み具合=一般社会では進み具合のことをこう表現しますわーい(嬉しい顔))はいかがですか?

もう、ほぼ完成~手(チョキ)という人もいれば、部活や宿題の山が崩せずぜ~んぜん進んでないもうやだ〜(悲しい顔) という人もいることでしょう。


さて、通年で 
ECCに限らず塾や教室に通っているけれど、成績が伸びない

というお悩みをお見かけします。

今は中2の夏休み終盤・・・ということは???
と何となく焦りが出てきますよね。

実は新たに中3生をお引き受けしたのですが、この生徒さんも、やはり今までの英語の理解に穴がありました。

成績につながらないとお悩みの生徒さんに多いつまづきの原因で多いのが

1)・be動詞と一般動詞の区別がついていない
2)・構文がそもそも頭に入っていない
3)・語彙力が学年相当にまで及んでいない(特に動詞の現在・過去・未来の形が頭に入っていない)


いずれもリハビリに時間がかかってくる慢性病のような状態だと言えるでしょう。

この3つのポイントが分からないと、毎回・毎回同じところでテストで点数を落とすということが容易に想定されるので、成績が伸びないのもやむを得ないかなぁ~と思われます。

一番大切なのは、
伸びないと悩んでいる
何らかの形でどこがネックなのか把握する

ということです。アクションを起こしましょうということです。

できない、わからない、伸びない・・・と悩んでいても、そのままでは残念ながら何も変わりません

生徒さんご本人で、どこが分からないのか把握できているのならば、弱点補強するだけなので、リカバーは可能です。
ただ、その場合は「伸びない」と悩んでいることは考えにくいので、おそらくは生徒さん本人ではどこが分かっていないのか把握できていないと思われます。

つまり自覚症状はないのだけれど、メタボ体質になっていて、このまま体質改善しないと代償が大きいという状況です。

今のまま、つまり、わかったようなわかっていないようなあやふやな状況のまま2学期→3学期→中3・・・と進んでも結局何度も同じところでつまずくことになり、確実に足を引っ張る形になります。

ではどうすればよいのか??

先ほど、この夏休みから中3生をお引き受けしたとお話しましたが、この生徒さんはアクションを起こしたわけですね(^^♪

何となくわからない→テストで点数が伸びない→入試で足を引っ張らないようにしたい→ANNEの教室に相談→英語の体質改善開始。

夏休みはじめからレッスンをスタートしましたが、少しずつもやもやした部分がすっきりしてきたそうですわーい(嬉しい顔)
ご本人も自覚できているように、つまずいたポイントまで戻って徹底的に解説&演習を繰り返しているので、理解の穴が次第に埋まってきています。 

ANNEはわからない問題をそのまま教えるのではなく、自分で気づかせるようにヒントを出して自分で答えを導きだすように促しています。
レッスンスタート5回目ですが、復習した部分についてはヒントを出すと、自ら気づいて正解にたどり着けるようになってきました。

このお子さんは、英語が伸びない要因1)&2)の複合タイプでした。高校受験で足を引っ張らないようにしたいということだったので、彼女には英語強化コースでのレッスンを行っていますが、夏休みだったので教科書の内容と並行して中1・中2範囲の学習項目も復習してもらいました。 夏休み終わり間近の今では、英語の構文は未達ですが、ある程度中1・中2範囲の内容については理解できてきています。

そしてこれから受験を迎えますが、中3範囲に関しても理解は早いとみています。

結局原因が究明できないと、克服できないのは病気も英語はじめ勉強も同じなんですね。

早期発見・早期治療です

演劇夏休み終盤特別プロジェクトを実施いたします♪
中学生 英語 ER (救急救命室) 
今の時点でどこが分かっていないか? どこを復習すればよいか?を診断&アドバイスいたしますわーい(嬉しい顔)

これからのあなたの英語が変わる? 当ブログ初ぷろじぇくとです。 ぜひご利用ください。

ご利用は無料です(^^♪ 

※ ご利用は当記事にコメントをお願いいたします。 その後そのコメントあてにメッセージをお送りします。
ECCジュニアBS守山苗代教室
近藤鑑代
教室:名古屋市守山区苗代1-7-35
電話 052−792−4803
携帯電話 080−3653
ご予約お待ちしていまするんるん
続きを読む
posted by ANNE at 10:29| Comment(0) | まなビーンズ 漢字・漢検コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする