2015年06月03日

英検準1級読解選択肢で迷わないコツ・・・

う〜ん・・・

迷います。ANNEも・・・

上位級だけに敵もさるもの!な感じですからね。

でも思うに、級に関係なく、読解問題は

出題者は何を応えさせたいの?

というある意味本質的な部分を押さえると正解が出るのでは?
とも思います。

読解問題が長くても短くても、
おそらく聞いてくるのは、

テーマは何か?
筆者が述べていないのはどんなことなのか?
どうして〜と言えるのか?

とか
そんな感じではないかと思うのです。

ひらめき一つ言えるのは、まず問題文をチェックしてから文を読むということでしょうか?

意外と細かいところで、〜とは言っていない とか 〜ということが導き出せる 的な表現がクセモノかもしれません。

ひらめき直接は関係ないですが、時間配分を間違えないexclamation
というのも案外大事です。
 なぜなら、一つの読解にかかりっきりになってしまい、ほかの読解まで回らない・・・
となると、もしかしたらその先、答えが簡単♪ という問題があったとしても得点できなくなってしまうから・・・

ANNEは勝手に見切り力 と言っていますが・・・(笑)
少なくとも全部の問題を網羅するように時間配分を考えましょう ということです。

答えが微妙な(?) 自信がない問題は、横にチェックをつけておいて、まず最後まで目を通す。

そしてチェックをした問題を得点の可能性の高いものからアプローチ

ANNEができるアドバイスはこのぐらいでしょうか?

来週英検本番ですね。 
受検されるみなさん、 

Good Luck手(チョキ)
posted by ANNE at 09:58| Comment(0) | 英検対策  ビシバシ 英検道場〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: