2016年05月11日

まにゅある人間ノススメ

まにゅある人間

てどんなイメージですか?

恐らくはあまりいいイメージはないのではないでしょうか?

・まにゅある通りにしか動けない
・臨機応変さにかける
・型通りでつまらない

などなど?

一昔前、
「ご一緒に○○○はいかがですか?」

というフレーズが話題になったことがありましたが、確かにそう言われても
「要らないし」なんて思っちゃうかも😁

が、今日のトピックは、そこではなくて

マニュアルがあると何がメリットか?

というお話をしたいと思います。


ちょっとイメージしにくいかもしれないですが・・・
あるファストフードショップのオーナーになったと仮定してみて下さい。

バイトさんを雇わないといけません。

もしマニュアルがなかったら・・・?💧

オーナーであるあなたはずっと側について1から10まで手取り足取り教えなければいけないかもしれません。

あなた自身も忙しいし、お客さんにハンバーガーやドーナツを販売する仕事のフロー(流れ)はそんなに大きく変わらないですよね?

ならば・・・

マニュアルがあれば

〜のケースでは○○する
〜の時は○○と伝える

など仕組み化しておけば、あなたもバイトさんもお客さんも安心ですよね。

まさにこれがマニュアルの最大のメリットです😁


で、その仕組み化がどう関係するかと言えば・・・


英語も仕組み化しちゃおう❗❗

ということなのです✌


文法というと鳥肌がたつぐらい文法アレルギーの人っているかもしれないですが、ここでちょっと発想を変えてみませんか?

実は
文法=言葉の法律
なんて思うから縛られるもの、難しいもの
なんてイメージを持ってしまうかもしれないですよね?

そうではなくて文法=バイトさんのマニュアル
と思ってみませんか?

マニュアルがあれば慣れればすぐに接客できたり仕事ができますよね?


例えば

1 いらっしゃいませと言う
2注文をとって確認
3注文通りの商品を用意
会計

というのを

1 主語を確認 数と時制(現在or過去or未来)
2 動詞を決定
3 主語に合わせて動詞に三単元のSをつけたり過去形にしたりする
4ピリオドやクエッションマークをつける

完了〜🎵


こうすれば、一つ一つの単語におたおたしないで英文を作れる(問題が解ける)のです❗❗❗

実際のお仕事ではその場にあった臨機応変さでハートフルな接客が必要かもしれないですが、まずはマニュアルがこなせるようになることが第一歩❗

例えば中3ならば 今学習中の受け身形は中間テストはもちろん入試でも重要項目です☺

これを
AはBに〜される
という文が出たら すぐに対応できるように
主語(A) ➕ be動詞 ➕ 過去分詞 by B

とマニュアル化しておけば 数学の公式のように単語を入れ換えるだけで作れるのです♥

英語マニュアル 受け身編


例  

私は彼女からバッグをもらった
         
     私は彼女によってバッグを与えられた 

と読み替える

主語(A) ➕ be動詞 ➕ 過去分詞 by B

I was given a bag by her.

※もらった(与えられた)➡過去 ➡be動詞を過去was にする
※彼女によって の時はby she  by her

英文完成〜🎉

やることが決まっている
注意すべきところも決まっている
誰がやっても同じ結果が得られる

これが仕組み化するということです🎵

さあ、あなたも英語ショップのバイトさんになったつもりでまにゅある人間になってみましょう😁

英語が簡単に思えてきますよ😉

Have a nice day🎶





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: